FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリヅカウンカ

アリヅカウンカアリヅカウンカ
 長池公園の斜向かいの浄瑠璃緑地でケヤキの皮めくりをしていると、見たことのないウンカらしきものを見つけました。ケヤキの樹皮と同化して眼がどこにあるかも分かりにくい虫ですが、この日一番の収穫です。
 名前は判らないだろうなと思いながら北隆館の改訂原色昆虫大図鑑Ⅲをめくってみると、思いの外あっさり1205番のアリヅカウンカというのに行き当たりました。
 この図鑑の図版はかなり古い黒っぽく潰れた写真を使っていて小さな昆虫ではほとんどの場合絵合わせで種類を特定することができないので、webで検索してみると数枚の画像が見つかりアリヅカウンカの仲間であることは確認できました。図鑑の記述によると割と珍しい種類のようです。 撮影した写真から大きさを測定してみると頭から翅端まで約4.6mmです。
スポンサーサイト

イヌハギの芽生え

昨年の11月4日に採取して播いておいたイヌハギが数日前に、ひとつだけ発芽していました。双葉の表面は針のような毛が生えているのが分かります。双葉の中心には既に本葉の芽も出てきているようです。(2018年3月18日)
イヌハギ180318

他にも発芽していないか探してみると、まだ葉が開いていない芽が見つかりました。
イヌハギ180318

そこで、土に播かないで室内でチャック付きのポリ袋に保管していた残りの種を、プラスチック製のシャーレにティッシュペーパーを敷いて水で濡らしたところに10粒播いて蓋をしておいたところ、わずか3日後の3月21日には4粒から根が出ていました。
イヌハギ180321
イヌハギの種は、寒さにされされなくても発芽するようです。

ミルンヤンマ

ミルンヤンマ
この日は姿を見せる昆虫もあまり多くなく、ブラブラ歩きを早めに切り上げて帰ることに。時刻は正午少し前。
姿池から続くせせらぎ緑道を歩いていると、ヤンマが水路沿いの低い位置をどこかに止まりたそうな感じでゆっくりと飛んでいます。岸辺の苔の生えた石に一瞬止まりますが、こちらが動くと気配を察して飛び立ってしまいます。
しかし、しばらくするとようやくゆっくりと産卵を始め何とか撮影することができました。
ミルンヤンマはかなり前に八王子の小宮公園で1度だけ撮影したことがあるだけで、今回は2回目です。
と思い昔の撮影記録を調べてみると2000年9月2日に小宮公園でオスを撮影したのが初めてで、同じ年の10月にやはり小宮公園でメスを撮影していました。当時はまだ銀塩フィルムを使っていました。
ということで、今回は3回目の撮影になります。

自宅に来た甲虫


先日、自宅に来た蛾の種類数が800種類になったことをブログに載せましたが、蛾の他にもいろいろな昆虫が明りに誘われてやって来ます。種類が最も多いのは蛾ですが、その次に種類が多いのは甲虫です。今までに撮影した甲虫の種類を数えてみると、42科298種でした。

42科の内訳は、
アカハネムシ科、アリモドキ科、エンマムシ科、オオキノコムシ科、オサゾウムシ科、オサムシ科、オトシブミ科、カツオブシムシ科、カッコウムシ科、カミキリムシ科、カミキリモドキ科、キスイモドキ科、クチキムシ科、クワガタムシ科、ケシキスイ科、コガネムシ科、ゴミムシダマシ科、コメツキダマシ科、コメツキムシ科、シデムシ科、シバンムシ科、ジョウカイボン科、ジョウカイモドキ科、ゾウムシ科、タマムシ科、ツチハンミョウ科、テントウムシ科、テントウムシダマシ科、ナガクチキムシ科、ナガシンクイムシ科、ナガヒラタムシ科、ハナノミ科、ハナノミダマシ科、ハネカクシ科、ハムシ科、ハムシダマシ科、ハンミョウ科、ヒゲナガゾウムシ科、ヒョウホンムシ科、ベニボタル科、ホソクチゾウムシ科、ホタル科
となっています。

種類数が多いのは
カミキリムシ科57種、ゾウムシ科51種、コガネムシ科27種、ハムシ科25種、オサムシ科16種、ゴミムシダマシ科16種、テントウムシ科14種、ジョウカイボン科9種の順になっています。

夏休みを利用して、自宅に来た甲虫の画像を半分ほどをFlickerに掲載してみました。

檜原都民の森

レンゲショウマソバナ
レンゲショウマ                  ソバナ
クサボタン
クサボタン

テングアワフキウチワコガシラウンカ
テングアワフキ                  ウチワコガシラウンカ

ハラビロマキバサシガメハラビロマキバサシガメ
ハラビロマキバサシガメ

ヒメハサミツノカメムシクロヒメツノカメムシ
ヒメハサミツノカメムシ              クロヒメツノカメムシ

ミドリオオキスイキアシヒゲナガアオハムシ
ミドリオオキスイ                 キアシヒゲナガアオハムシ

シラホシヒメゾウムシマダラメカクシゾウムシ
シラホシヒメゾウムシ               マダラメカクシゾウムシ

キクビアオハムシルリハムシ
キクビアオハムシ                 ルリハムシ

ミドリオオキスイ、シラホシヒメゾウムシ、マダラメカクシゾウムシの3種は今回初めて見た種類です。
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。