スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラツグミ

今年も自宅近くの浄瑠璃緑地でトラツグミを撮影することができました。2014年2月にも同じ場所でトラツグミを撮影しています。
トラツグミトラツグミ
かなり薄暗い場所なので、感度を800に設定してもF5.6でシャッタースピードは1/30秒とか1/45秒でしたが、かなりたくさんのカットを撮影したので、ぶれずに写っているものもありました。比較的警戒心の薄い個体で、10mくらいまで近寄ることができました。

トラツグミトラツグミ
頭を動かさずに体を上下に揺する独特の動作をします。落ち葉の下からミミズを掘り当てて食べていました。以前はトラツグミはめったにお目にかかれない野鳥でしたが、ここ数年は見る機会が増えています。


ビンズイ
同じ斜面の日当たりの良い場所には、ビンズイが2羽いました。
スポンサーサイト

長池公園の野鳥

長池公園の野鳥 表紙
 私のメインフィールドでブログのタイトルにもなっている長池公園。ここで記録された100種類以上の野鳥のガイドブック、「長池公園の野鳥」がNPOフュージョン長池から発行されました。

 前書きにもあるように、長池公園でこのガイドブック片手に野鳥観察をこれから始めようという方に適した内容になっています。巻頭に比較的普通に見られる24種の野鳥を、広場で見られる鳥、雑木林で見られる鳥、水辺で見られる鳥というくくりでまとめてあるので、これから野鳥観察をはじめようという人は、まずこの24種を見つけるところから入っていくのがよいのではないでしょうか。
 長池公園スタッフの小林建人さんが執筆、掲載されている野鳥の写真は執筆者の小林さんが撮影したもの以外に、長池公園の利用者がそこで撮影したものも多く掲載されています。かく言う私の撮影した写真も使って頂いています。

長池公園の野鳥 裏表紙

 A5版52ページ、税込価格500円で、長池公園自然館で好評発売中です。初回1000部の印刷だそうです。お早めにどうぞ!!

 

ミヤマホオジロ

 1月8日頃からミヤマホオジロがいるということを先週教えていただき撮影に行ったのですが、地上の枯れ草の中で採餌中の様子をかなり遠くからしか撮影できなかったので、再度出かけてみました。現地に朝8時頃に到着、三脚にレンズをセットしてカメラを取り付けてスイッチを入れると、アレッ液晶画面の表示が出ない!! とほほ、カメラのバッテリーを充電したまま家に置き忘れてきてしまっていたのです。

 それでも気を取り直してミヤマホオジロがまだ居るかを確認して、また翌日と思いしばらく待っていると、まずアオジが木の枝に姿を現わし、それにつられる様にミヤマホオジロも同じ枝に姿を現しました。しばらく枝の上であたりのようすをうかがってから、地上に降りて餌を食べ始めました。時刻は8時半。地上に降りたミヤマホオジロはのんびりと餌を食べているので、これなら家にバッテリーを取りに行って戻ってからでも撮影できると思い、家に引き返しました。

 家からバッテリーを持って戻ってみると、アオジは地上で採餌していましたが、肝心のミヤマホオジロが見当たりません。それらしき声が木の上の方から聞こえたので、双眼鏡で探すと、残念ながらカシラダカ。地上を懸命に探してもミヤマホオジロがの姿は見つかりません。どこか別の場所に居ないかとあたりを歩いて探しましたが。ルリビタキやシロハラは出てきましたが、お目当てのミヤマホオジロは見つかりません。

ルリビタキルリビタキ

アオジシロハラ

続きを読む»

水元公園ミニ探鳥会

バードウォッチングはほぼ初めてという友人のHさんと、Sさんの二人を連れて葛飾区にある水元公園でミニ探鳥会です。久しぶりにフィールドスコープも担ぎ出しました。水元公園の端から端までを歩き回り、ドバトを含めて47種もの鳥を見ることができました。

ホオジロガモホオジロガモ
岸にすぐ近くまでやってきたホオジロガモ

アオサギコサギ
釣り人からのおこぼれを待っているアオサギとコサギ

セッカアオジ
芦原ではセッカやアオジがすぐ近くで見られました

アカゲラアカゲラ
Hさんが見つけたアカゲラ

アトリ
カワセミの里のスタッフの方に教えてもらったアトリ

確認できた鳥
カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、バン、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、セッカ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

ツミの巣立ち

ツミツミ
 勤務先のすぐ隣の公園で先々週ころからツミの声が良く聞かれるようになり、会社の行き帰りに巣立ちした若鳥の姿も見られるようになりました。
 この日は、ハスの花の写真を撮影する為に朝早く出かけてきたので、その帰りに公園に立ち寄り撮影することにしました。まだ公園にいるかどうか心配でしたが、すぐにキイキイという甲高い声が聞こえてきました。
ツミツミ
 木の葉の影になってなかなかすっきりと姿を見通せる位置に止まってくれませんが、一応そこそこのものが撮影できました。
ツミツミ
 巣立ちした雛の数は正確にはわかりませんが、三羽は同時に姿を確認できたので、それ以上ということになります。
ツミツミ
 左側の写真は、アブラゼミを捕まえたところです。左脚でしっかりと掴んでいます。飛んできたクロアゲハを追いかける個体もいましたが、蝶は捕まえられませんでした。右側の個体は、カラスを追いかけて公園の外の電線に止まったところです。カラスよりもツミの方が体は小さいのですが、1対1ならばもうカラスを追い払うくらいのことはできるようです。
ツミツミ


プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。