スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたまたイカル

2005.1.22 長池公園 晴れ am7:30~pm1:30
 今日もまた長池公園へ出かける。久しぶりに築池にアオサギが降りていた。カモはカルガモしかいない。築池から水車小屋、そこからまた長池まで往復してみるが、気温が低いせいか鳥の姿は少ない。
20050122234042s.jpg20050122234112s.jpg

20050122234140s.jpg20050122234201s.jpg
 そこで、イカルのいたヌルデの木を見に行くことにした。すると、今日は4羽のイカルがプチプチ音を立てながらヌルデの実を食べていた。前回150枚近く撮影してそこそこ気に入ったものが撮れていたので、前回ほど食指は動かなかったが、それでもいつでも撮影できるわけではないので、少しだけ撮影しておく。
 イカルの撮影を終えて公園をフラフラしていると、先週小宮公園でミヤマホオジロを見つけてくれたYさんがやってきた。私のホームページを見てイカルを見にやって来たとのこと。ということでイカルのなる木にご案内。すると、先ほどは4羽だったイカルが何と15羽くらいに増えていた。1月の初めには2羽だけだったのだが、イカルの間でも長池公園にはヌルデの実が沢山なっているという噂が広がっているようだ。確かに今年はヌルデの実が豊作のようだが、さすがに体の大きいイカルが15羽も団体でやって来ると数日で食べつくされてしまうのではないだろうか。イカルがヌルデを食べている間は、体が一回り大きいヒヨドリも遠慮しているようだ。餌の切れ目が縁の切れ目だが、来週もイカルはいるだろうか?

姿や声を確認した鳥
アオサギ、カルガモ、キジバト、アオゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、ベニマシコ、イカル、シメ、スズメ 、ムクドリ、ハシブトガラス

 午後は、自然館のまわりに植栽されている木の冬芽をいくつか撮影してみる。ミツバツツジは赤い冬芽がきれい。リョウブは頭に手ぬぐいを乗せているように見える。メグスリノキは毛に覆われていて暖かそう。ミツバツツジリョウブメグスリノキ

ヤマボウシはカニのはさみ、ニワウルシはうーん何だこれ?ヤマボウシニワウルシ

スポンサーサイト

小宮公園

どうしてもミヤマホオジロが見たくなって小宮公園に行ってしまいました。最初にジョウビタキ(メス)のお出迎え。9:03ジョウビタキ

普段はすぐに隠れてしまうコジュケイもゆっくりと姿を見せてくれました。霜柱を食べて水分を摂っていたようです。11:05コジュケイ

警戒心の強いカケスはなかなか近くで撮影することができません。撮影できただけでも、儲けもの。でもミヤマホオジロが見たい。この頃になると、もうあきらめかけ。13:29羽づくろいを終えたカケス

キジもあちらこちらでのんびりと餌をさがしていました。13:44キジ

しかたがない、このシロハラで切り上げることにするか。。。14:40シロハラ

シロハラを撮影してから、トボトボと木道を歩いていると、反対側からやってきた人が「ミヤマホオジロですよ!!」と教えてくれました。「どこですか???」と双眼鏡で教えてくれた方角を探すと、いましたいました!!6時間近く小宮公園をフラフラしてようやく見ることができました。めでたしめでたし。14:44ようやく見られたミヤマホオジロ


姿や声を確認した鳥
コジュケイ、キジ、キジバト、アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホジロ、アオジ、カワラヒワ、イカル、シメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ガビチョウ

ヌルデの実とコゲラ

長池公園では、今年はヌルデの実が豊作のようです。ヌルデの実には色々な種類の野鳥がやって来ます。今までにコゲラ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、シジュウカラ、メジロ、イカル、シメの10種類の野鳥がヌルデの実を食べにやってきたのを見ています。この日は、1羽のコゲラがヌルデの実を食べているところにもう1羽がやって来ました。

20050110224853s.jpg20050110224924s.jpg20050110224936s.jpg
20050110224947s.jpg20050110225000s.jpg20050110225013s.jpg
20050110225025s.jpg20050110225113s.jpg20050110225127s.jpg

最初の1羽が後から来た方を追い払うのかなと思って見ていましたが、後からやって来た方が強かったのか、何個か実を食べてから飛び去っていきました。


トキリマメ

トキリマメの実の写真が長池公園生き物図鑑のページに投稿されていました。花は去年の7月に小山田緑地で初めて見たのですが、長池公園にも生えているのは知りませんでした。投稿者のKさんに場所を教えてもらって撮影することができました。鞘の赤と豆の黒のコントラストがとてもきれいです。20050115074830s.jpg
20050115074759s.jpg

上の2枚の写真ははじけた鞘から実が放れないでくっついている状態なので、豆というイメージがつかみにくいですが、横から見ると”豆”です。20050115074727s.jpg


去年の7月11日に小山田緑地で撮影しました。花は上向きに立ち上がって房状になって咲いていました。20050115074715s.jpg
20050115074702s.jpg

またまたイカル

2005.1.8 長池公園 晴れ am8:00~pm1:30
 今日もまた長池公園へ出かける。築池と長池の間の流れ沿いにアオジが4,5羽チョロチョロしている。長池の手前ではいつものルリビタキがお出迎え。ルリビタキ君としばらく遊んでいると、キョッ、キョッという声が聞こえてくる。アカゲラか?と思ってあたりを見回すと、イカルだ。双眼鏡で覗いてみると、水を飲みに降りてきそうな様子だ。あたりを気にしながら降りる途中を何枚か撮影する。水場は藪の陰で見えないので、上がって来たところを撮影しようと待っているとサーッと飛び去ってしまった。もしかしたら、一昨日と同じヌルデの木で実を食べているのではないかと行って見ると、道から見下ろせる場所で食事中。イカルに警戒されないようにゆっくりと近づくが、手前の植え込みの枝がかぶってしまう。なんとか枝の隙間から良いポジションをピンポイントで確保して撮影する。512MBのメモリをほぼ使い切るほど沢山シャッターを切ったおかげで、なかなか気に入ったものが撮れた。20050108230355s.jpg

 午後1時頃公園を散策する人の通りが一時、途絶えたときにしばらく姿をみなかったアオゲラが通路から見渡せる場所へ餌を食べにやって来た。あちらの木、こちらの木と少し木の窪みにくちばしを突っ込んでは飛び移っていたが、カメラを構えながら、そっと後を追って行き20mくらいの距離で撮影することに成功。人通りがなく安心して餌探しに熱中していたのだろう。アオゲラ(オス)


姿や声を確認した鳥
キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、キセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、ベニマシコ、イカル、シメ、スズメ 、ムクドリ、ハシブトガラス、ガビチョウ

ちょっと時間代休

 昨日の夜、帰宅してパソコンに向かっていると、9時半頃会社から、実験用の純水貯槽の下限警報が出ているので、給水バルブの閉め忘れがないか確認してほしいという電話があり会社に出かける。シロハラ
 夜中出て行った分、今日は時間代休をしっかり取得して出勤前に長池公園に立ち寄ってみる。築池は凍っていないが、長池はほぼ前面に氷が張っている。鳥の数は少ないが、カワセミは姿を見せる。シロハラが落葉をがさがさとひっくり返して餌を探していた。イカルが1羽ヌルデの実を食べていた。1月2日に撮影したのと同じ個体だろう。
20050108225805s.jpg
アカゲラの姿も久しぶりに確認したが、撮影する前に飛び去ってしまった。10時少し前に自然館のNさんと顔を合わせる。自然館に「ベニマシコはどこで見られますか?」と尋ねてきた人がいたとのこと。私も帰りがけに駐車場でもベニマシコはどこで見られますかと聞かれた。ちょっと有名になりすぎてしまったようだ。

今日確認した鳥
アオサギ(公園外)、トビ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、イカル、シメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

たまには浅川

2005.1.4 浅川(長沼橋-一番橋) 晴れ am8:00~pm12:50
 最近は長池公園に通い詰めだったので、たまにはカモでも見に行こうと思い、浅川へ。ところが、カモはどこに行ってしまったのというくらい数が少なく、数年前は一番たくさん見られたオナガガモは1羽も見られず。カワセミはあちらこちらで姿を見せてくれて、メス1羽を撮影。カワセミ(メス)
この季節は、コサギが数十羽の群れで団体行動しているのをよく見かける。団体で行動したほうが餌をとりやすいのだろうか。イカルチドリを見つけて撮影するが、普通に近づいたのでは20mくらいが限界。
コサギの群れイカルチドリ
カモの写真を撮影しようと思ってやってきたのだが、まともに撮影できたのはコガモだけ。次に来るときは、カモの溜まり場の情報を仕入れてからにしたほうが良さそうだ。コガモのオスコガモのメス
コガモの群れの中に浅川では珍しいカイツブリが1羽紛れ込んでいた。浅川でカイツブリの写真を撮影したのは初めて。カイツブリ
チョウゲンボウ
帰り際にチョウゲンボウがすぐ近くの木の枝に止まってくれたが、枝の影に隠れてちょっと残念。


姿を確認した鳥
カイツブリ、コサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、トビ、チョウゲンボウ、イカルチドリ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ 、ムクドリ、ハシボソガラス


1月2日の長池公園

2005.1.2 八王子市長池公園 晴れ am7:30~pm1:20
 年末に風邪をひいてしまって、26日以降フィールドに出られなかったので、久しぶりの鳥見。大晦日に降った雪はまだたっぷりと残っている。

 カメラを担いで歩き始めると、築池のほとりのヌルデの実にシロハラがやってきていた。ヌルデの実には色々な鳥がやって来るが、シロハラがヌルデの実を食べるのは初めて確認した。
 一応撮影してから、築池沿いに水車小屋方面に向かって歩いて行くと、対岸の観察デッキ付近から久しぶりのベニマシコの声が聞こえてくる。双眼鏡で探すと、やはりセイタカアワダチソウに乗っかっている。少ししてから、別の1羽が姿を現し、2羽になった。ベニマシコもしばらく撮影していないので、急いで引き返して撮影する。ベニマシコ2羽ベニマシコ

今までは、ベニマシコが姿を現すのは10時以降だったが、今日は8時半頃とかなり早い時刻だ。この時刻だと私以外の鳥屋さんはまだやってきていないので、落ち着いて撮影できた。最初は築池のほとりのセイタカアワダチソウで食事をしていたが、自然館の下の斜面の方に移動した。
 そこで撮影をしていると、イカルが2羽飛んで来て、近くのヌルデの木に止まった。この冬、何回かイカルが上空を飛んでいるのは確認しているが、止まったところを見るのは初めて。普段だと、50mくらいの距離でも警戒して飛び立たれてしまうが、この日はよほど空腹なのか、20mくらいまで近寄ってもだいじょうぶで、一旦飛び立ってもまた同じ木に戻ってしきりにヌルデの実をついばんでいた。ヌルデの実を食べるイカルヌルデの実を食べるイカル
同じヌルデの木にシメもやって来ていた。シメの撮影は今シーズン初。最近長池公園ではあまり姿を見かけないカワラヒワも今シーズン初撮影。この日はカワラヒワ、ベニマシコ、シメ、イカルとアトリ科4種を一日で撮影することができた。
シメもヌルデの実を食べに久しぶりに撮影したカワラヒワ

 雪のせいで、ルリビタキはいなくなってしまったかなと思っていたが、10時半過ぎにルリビタキも姿を現した。このルリビタキは、かなり人に馴れてしまっていて、足元までよって来るので、撮影するために後ずさりしなくてはならないほどだ。 ルリビタキススキに止まって虫を探すコゲラ
水車小屋の上の池のほとりでは、コゲラがススキにつかまって、虫をつつきだしているところを撮影。

姿や声を確認した鳥
アオサギ、カルガモ、トビ、キジバト、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、ベニマシコ、イカル、シメ、スズメ 、ハシブトガラス、ガビチョウ
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。