スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミドリグンバイウンカとテングスケバ

ミドリグンバイウンカ
ミドリグンバイウンカ

テングスケバ
テングスケバ

 最近、ヨコバイとかウンカの仲間に少しはまりかけています。ほとんどの種類は大きさが1cmにも満たない小さな昆虫ですが、マクロレンズで拡大して見ると、なかなかきれいな色や模様がついていたりしてうれしくなってしまいます。
 今日はミドリグンバイウンカとテングスケバという初物を撮影することができました。
 ミドリグンバイウンカのほうは、桑の葉に止まっていたサトクダマキモドキの顔を撮影しようとして足元の草をかき分けて近づいたときのことでした。薄緑色の虫が飛び出して草の葉の上に止まりました。オオヨコバイかなと思って顔を近づけてみると、ヨコバイよりも横幅がだいぶあります。これは今までに見たことのない種類だということで、サトクダマキモドキの撮影は中断してこちらの見なれない虫の撮影に取り掛かりました。黄緑色の体に水色の線が入ってとてもきれいな色をしています。
 テングスケバのほうは、被写体を探して歩いていると、前方に顔なじみのSさんがいたので声をかけて話しを始めたときに足元のセイタカアワダチソウの葉の上にチョコンと止まっているのがなぜかしら目に入ってきました。こちらのほうはユニークな形をしているので、形は図鑑で見覚えがありました。マクロレンズを通してみるとミドリグンバイウンカと同じような水色のきれいな縞模様が入っていました。
スポンサーサイト

ヤママユ

ヤママユ

 普段は長池公園の中の通路を巡回して、何かいないかなーと被写体を探していますが、時々公園の西側のバス通りに沿って探索することがあります。この日の収穫は、ヤママユでした。以前、からになった繭が落ちているのを見たことはあったのですが、成虫を長池公園で見たのは初めてでした。大きな蛾なので、いつもの感覚で近寄って撮影するとフレームの中に全体が収まりません。少しも逃げる様子がないので、翅の目玉模様もアップで撮影。
ヤママユ

マユタテアカネとコノシメトンボの交雑種

マユタテアカネxコノシメトンボ
 長池公園ではとても珍しいタシギを撮影して気分よく帰ろうとして少し進むと、マユタテアカネが通路脇から飛び立ちました。マユタテアカネもオスのほうはもうだいぶ体が赤く染まってきています。しかし、この個体をよく見ると翅の先端が黒くなっています。メスのほうは翅先が黒くなるタイプがあるのですが、オスの翅先は黒くならないはずです。胸の部分を見ると側面に2本の黒い筋がくっきりとあります。マユタテアカネなら、胸の側面にはっきりとした黒い筋はありません。胸の黒い筋の形からその場ではコノシメトンボかなー?と思いながらシャッターを押しまくりました。

マユタテアカネxコノシメトンボマユタテアカネxコノシメトンボ
マユタテアカネxコノシメトンボ

 家に帰ってからパソコンで画像を確認してみると、つながっているように見えた胸の側面の黒い筋はつながっておらず、胸の色も赤くなっていないのでリスアカネにも思えてきました。しかし、たまたま今日撮影したリスアカネの正面の顔を見ると、リスアカネには眉斑はありません。
リスアカネ
リスアカネ

 大きさや、見かけた場所飛び方、それに顔つきはマユタテアカネで、胸の模様と翅先の黒い斑はコノシメトンボ風です。時々お世話になる「故郷埼玉のトンボ」の掲示板に投稿したところ、マユタテアカネとコノシメトンボの交雑種でしょうとのことでした。

タシギ?!

 築池の畔の通路を歩いていると、前方にトコトコと歩いている物体が目に入ってきました。最初はコジュケイかな?と思ったのですが、色合いがちょっと白っぽく、横を向くと長いくちばしが付いているではありませんか。もしかしたらまだ見たことがないヤマシギかと思いましたが、ヤマシギではなく、ジシギの仲間でした。ヤマシギではなくても、長池公園では珍鳥で、当然初記録です。たぶんタシギだと思います。
タシギ
 飛び立つなよと思いながら三脚に付いていたマクロレンズの付いていたistDを300mmの付いているD70に載せ変えてまずは証拠写真を撮影。昔タシギの写真を撮影しようとしたときには、数メートル先の足元から飛び立たれたことが何度もあったので、かなり近くまで寄っても飛び立たないだろうと思い、少しずつ近づいてはパシャッ、また近づいてはパシャッ、を繰り返して87枚撮影しました。
 しかしD70でのフォーカス合わせはどうもうまくいかなくて、帰ってからパソコンで画像を確認するとほとんどが許しがたいほどのピンボケで、何とか許せる程度に写っていたのが25枚。かろうじてブログに載せられるレベルのカットも数カットあったので、まずはめでたしめでたし。
 こんなところでタシギに出会えるということは、そろそろ渡りの季節ということなんでしょう。

ミヤマクワガタ

ミヤマクワガタ
 今までにノコギリクワガタは長池公園や小山田緑地で見かけたことはありましたが、ミヤマクワガタはこのあたりでは初めての確認です。公園の通路から見通せる場所で、樹液の出ている木までしっかりと踏み跡がついている場所ですが、昼頃帰りがけに通路から眺めてみるとクワガタらしき虫影がみえるので、まさかと思って近づいてみると、特等席に陣取っていました。

たまには蓮生寺公園



昨日子供を連れてセミ取りに来たときにちょっと気になる花を見かけたので、今日は長池公園を少し早めに切り上げて、蓮生寺公園へ寄ってみる。薄い少し紫色がかったピンク色の小さな花がかたまって咲いていて、涼しげな感じ。

x_IMGP4506.jpg

アップで見るとちょっと変わった形をしている。
x_IMGP4502.jpg

横から見るとこんな感じ。
もしかしたら、結構珍しい植物かも。

ヒヨドリジョウゴ

ナス科の名前のわからない花も咲いていて、外来種かなと思って調べてみると、ヒヨドリジョウゴという在来種だった。

赤とんぼいろいろ

 暑さに負けてトンボも最近はあまり気合を入れて撮影することができませんが、この日は暑さがやや和らぎ、水車小屋の池にネキトンボがたくさん産卵にやって来ていました。オスが単独でホバリングしているところをねらってかなりシャッターをきりましたが、なかなかビシッとしたものは撮影できません。ネキトンボ


 ネキトンボを撮影していると、翅の先の黒いトンボもやってきました。コノシメトンボです。こちらもホバリングをしますが、すぐに姿を消してしまいました。ネキトンボをさらに撮影していると、また翅先の黒いトンボがやってきました。コノシメトンボとは少し感じがちがいます。
リスアカネ
今シーズン初のリスアカネでした。

 水車小屋の池からすぐに姿を消してしまったコノシメトンボは穂が出た稲の先に止まっていました。この田んぼもコノシメトンボのお気に入りの場所のようで、去年もここで姿を見かけました。
コノシメトンボ


 田んぼでは、ウスバキトンボが羽化をしていました。これからウスバキトンボの群れが見られるようになるでしょう。ウスバキトンボ

プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。