スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオイトトンボとオオアオイトトンボ

 長池公園には、アオイトトンボとオオアオイトトンボというよく似たアオイトトンボの仲間が2種類います。アオイトトンボのほうは、6月の上旬頃から、オオアオイトトンボはそれよりもやや遅れて羽化してきます。7月の末ころになると、アオイトトンボのほうは、胸の下の部分に白い粉を吹いて来るので、胸に粉をふかないオオアオイトトンボとは簡単に見分けられるようになりますが、羽化して間もない頃は、アオイトトンボも白い粉をふいていないので、アオイトトンボとオオアオイトトンボを区別するのは、ちょっと難しいです。
 しかし、最近はデジタルカメラで撮影した写真をパソコンで大きく拡大して見ることが比較的簡単にできるようになってきたので、羽化後あまり日数が経過していない個体でも、胸の部分を真横から撮影した写真を拡大して金緑色の部分がどのようになっているかを見ることによって区別することができます。

アオイトトンボ
アオイトトンボ

 アオイトトンボはaの中足の上の胸の部分の側板の金緑色の部分が小さく、bの金緑色の部分の下側の縁が中胸後側板の前側の縁に達していません。また、金緑色のcの部分が第2側縫線とわずかに離れています。

オオアオイトトンボ
オオアオイトトンボ

 オオアオイトトンボでは、aとbの金緑色の部分が側板の縁まで広がっていて、aとbの金緑色の部分が一直線につながっているように見えます。cの金緑色の部分は第2側縫線まで達します。

 オスの場合は、尾部下付属器の先端が外側に向かって曲がっていればオオアオイトトンボ、まっすぐならばアオイトトンボという識別ポイントもありますが、尻尾の先だけをクローズアップして撮影しないとなかなか違いを見分けられるような写真は撮れません。


スポンサーサイト

ヨコバイいろいろ

 前日の朝、サジヨコバイを見かけたので、今日はヨコバイ撮影モードで出かけてみました。目的の草原に着く前に、ウスバカゲロウの仲間がいたので、撮影していると、近くのミズヒキの葉の上にヒトツメヨコバイもジーッと止まっていました。頭部の中央に目玉のような黒い点がひとつついているので、ヒトツメヨコバイです。体長は5.3mm。
ヒトツメヨコバイサジヨコバイ
目的の草原で草むらをガサガサとしながら探すとオオヨコバイに混じってお目当てのサジヨコバイも出てきました。昨日は1匹見かけただけでしたが、じっくり探すと結構たくさんいるようで、あちらでもこちらでも見つけることができました。こちらの体長は、6.1mm。

キンミドリコバネヨコバイキンミドリコバネヨコバイ

 サジヨコバイを撮影していると、目の前のクズの葉の上に小さな始めて見るヨコバイが止まっていました。マクロレンズでのぞいて見ると、私の好きな光り物です。翅が短く体も小さかったので、以前見たことのあるオオトガリヨコバイという光り物の幼虫だろうと思って撮影したのですが、家に帰っていつも利用させてもらっている「日本のウンカ・ヨコバイ・アワフキ・ツノゼミ類画像集」で調べてみると、キンミドリコバネヨコバイという種類の成虫であることがわかりました。上の写真の左がオスで右はメスです。体長は3.3mmで小型です。

マエジロオオヨコバイミスジトガリヨコバイ

 他には何かいないかなーとさがしていると、マエジロオオヨコバイのメスもいました。名前のとおりやや大きめで体長6.5mmです。
 マエジロオオヨコバイを撮影して、ふと眼をわきに向けると、白っぽく見えるヨコバイがクズの葉の上に止まっているのが目に入りました。顔を近づけてよーく見てみると、これも今までに撮影したことのない種類です。もう少し色々な角度から撮影したかったのですが、ちょうど雨が降り始めてきて、何カットか撮影したところで、雨粒で葉が揺れたので飛び去ってしまいました。名前を調べると、ミスジトガリヨコバイでした。体長は4.3mm。

シラホシカミキリ

シラホシカミキリ

体長が約11mmの小さなカミキリムシですが、なかなかお洒落な落ち着いた色使いで、私の好きなカミキリムシのひとつです。一昨年の7月18日に長池公園で初めて撮影したので、今年もそろそろ見られるかなと思っていたら、運良く見つけることができました。

オオチャバネセセリとミヤマチャバネセセリ

オオチャバネセセリミヤマチャバネセセリ

オオチャバネセセリ            ミヤマチャバネセセリ
どちらもほぼ同じくらいの大きさですが、ミヤマチャバネセセリのほうには、後翅の付け根に近い部分に白い斑紋が一つ離れてあるので、この点に注意すれば見分けは容易です。長池公園では、どちらもそれほど数は多くないようですが、オオチャバネセセリのほうがやや見かける機会は多いようです。

今年もオナガサナエ

オナガサナエ

 去年、姿池の畔にオナガサナエのオスが縄張りを張っているのを見つけて撮影しましたが、今年も姿池の畔に姿を見せました。やや曇りがちの天候ながら、時折青空ものぞく天気でしたが、日がさすと、しっぽを垂直に近く持ち上げていました。

ルリボシカミキリ

 朝のうちは青空がのぞき、風もほとんどない絶好の昆虫撮影日よりだったので、そろそろ姿を現しはじめているコオニヤンマでも撮影しようと、喜び勇んで長池公園に出かけました。
 トンボが活動し始める時間には少し早めだったので、伐採材置き場をのぞいてみたところ、何とルリボシカミキリが丸太の上にのっているではありませんか!!
ルリボシカミキリルリボシカミキリ

 こちらの気配を察して、落ち着きがない様子だったので、まずは遠くから証拠写真を1枚。それから少しずつ近づいて撮影しまくりました。
ルリボシカミキリルリボシカミキリ

 落ち着きなく歩き回るものの、飛び立って逃げたり、丸太の裏側に隠れることがなかったので、結局70カットほど撮影することができました。
 最近はルリボシカミキリが見られる機会が増えてきているようで、長池公園でも昨年撮影されていましたが、やはり自分で実物を見ることができると嬉しいものです。

カメムシいろいろ

 この日は、長池公園でルリボシカミキリを初めて撮影できてラッキーな一日でしたが、カメムシもいろいろと見つけることができました。
ブチヒゲヘリカメムシエビイロカメムシ

 ブチヒゲヘリカメムシは体長約8mmの小さな地味なカメムシです。エビイロカメムシは、この時期ススキの葉の裏側などにじっと止まっているところを時々見かけます。
ハサミツノカメムシセアカツノカメムシ

 ハサミツノカメムシやセアカツノカメムシは、今の時期、ミズキやクマノミズキなどの木の幹に止まっているところをよく見かけますが、ハサミツノカメムシは人の気配を素早く察して飛び去ってしまうことが多く、撮影はやや難しい種類です。

ホオジロアシナガゾウムシトウキョウヒメハンミョウ

小さい虫

昨日までは梅雨の中休みのような天気でしたが、休日の土曜日は太陽もお休みです。こんな日は小さい虫シリーズです。
マメヒラタアブマダラアシナガバエ
左側はマメヒラタアブだと思うのですが、ハナアブの仲間は似たような種類が多く、もしかしたら違っているかも。一見、黄色に黒い縞模様のようですが、黒い帯はよく見ると、青みを帯びた部分に黒い縁取りがついています。右側のマダラアシナガバエはアシナガバエ科の昆虫で、林の縁のやや薄暗い場所でよく見かけます。金属光沢のある緑色がとても綺麗です。

ツヤクロカスミカメコガシラアワフキ
上のアブやハエと比べるとかなり地味ですが、ツヤクロカスミカメという小さなカメムシの仲間を見つけました。あまり数は多くありませんが、長池公園では何回か見かけています。右側のコガシラアワフキは、今の季節、色々な植物の茎や葉にとまっているのをあちらこちらで見かけます。

ヒメシロコブゾウムシクズノチビタマムシ
ウドやタラノキにはヒメシロコブゾウムシが時々見られます。クズノチビタマムシは、クズの葉にムシャムシャとかぶりついていました。

アオスジアゲハマユタテアカネ
天気が悪く、トンボやチョウはあまり出ないだろうと思っていましたが、築池の縁にアオスジアゲハが吸水に来ているところを撮影することができました。アゲハチョウの仲間は普段は飛び回っていて撮影しにくいのですが、こうして吸水しているところは比較的撮影しやすいです。マユタテアカネが、今年初めて姿を見せました。赤とんぼの仲間は秋に姿を見かけることが多いのですが、今の季節にヤゴから羽化してきます。

梅雨時の花 その2

チダケサシ
先週咲き始めた黄色いクサレダマの隣にピンク色のチダケサシの花が咲き始めています。

ウツボグサ
ウツボグサは自然館の庭に植えてあるのは知っていましたが、こちらは園内の別の場所。いままで生えているのは知りませんでした。
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。