スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都大学のヨコバイ

 今の季節は、常緑のシダの葉の裏側にヒメヨコバイが付いていることがわかったので、シダがたくさん生えている首都大学の緑地に出かけてみました。
 まず、温室の手前のフェンス際のクサイチゴには、ホシヒメヨコバイがいました。キイチゴの類にもヨコバイが好んでとまります。
ホシヒメヨコバイホシヒメヨコバイ

 少し進むと、ヤツデが何本かフェンスの向こうにありました。ヤツデにもヨコバイが良く止まっているので、フェンスの針金をちょっとくぐりぬけてチェックです。地面にへばりつくように生えている一番下の葉をめくると、黒っぽい小さなヒメヨコバイが付いていました。
               ヤノヒメヨコバイ
以前、長池公園で撮影したことのあるヤノヒメヨコバイでした。

 緑地の中を進んでいくと、道の脇にところどころヤツデが生えているので、これもチェックしてみると、ヒトツメヒメヨコバイが葉柄の付け根のところにじっと止まっていました。
               ヒトツメヒメヨコバイ
ヒメヨコバイとしては大柄な種類です。ヒトツメヒメヨコバイはその後、シダの葉の裏側でも何匹か見つけることができました。

ツマグロオオヨコバイアカヒメヨコバイ
ヒサカキの葉の裏には、ツマグロオオヨコバイが1匹止まっていました。名前の通り大きなヨコバイなので、この写真だけ撮影倍率を下げています。アカヒメヨコバイは、先日、近くの蓮生寺公園で初めて見ましたが、首都大学の緑地でも見つけることができました。肉眼で見たときには、カンキツヒメヨコバイのようなもう少しオレンジ色がかった色合いに見えましたが、ストロボを当てて撮影しているので、見た目と違った色に写っています。

ヒメヨコバイの1種ヒメヨコバイの1種
右側の黄色っぽいヒメヨコバイは良く見かける種類ですが、左側の赤っぽい種類は、今回初めて見るヨコバイです。

               クロスジホソサジヨコバイ
クロスジホソサジヨコバイは、あちらこちらで何匹もみることができました。

オビヒメヨコバイオビヒメヨコバイ
オビヒメヨコバイは、今の時期、よく姿を見かけます。この日は、左の写真のように体の中央部に黒い横線が入ったタイプと線が全くないタイプを見かけました。

               Naratettix rubrovittatus
こちらは、オビヒメヨコバイの近縁種でNaratettix rubrovittatusという学名の種類です。赤い紋様が目立ちます。

ヒメヨコバイの1種カンキツヒメヨコバイ
左側は良く見かけるヒメヨコバイですが、名前はわかりません。右側のカンキツヒメヨコバイは、尾根緑道では、何匹も集団でナラ類の葉に集まっているのを見ましたが、この日は写真の1匹だけでした。

ベニヒメヨコバイハチジョウヒメヨコバイ
ベニヒメヨコバイは、金魚のような鮮やかな朱色をしています。先日、蓮生寺公園で初めて実物を見たのですが、そのときもシダのはの裏側についていました。ハチジョウヒメヨコバイは、背中の黒いモヤットしたこげ茶色の模様が特徴で、肉眼でもわかります。

シュンランシュンラン
緑地の遊歩道の際にシュンランが花を咲かせていました。
スポンサーサイト

春一番のアオイスミレ

長池公園 2007/03/03
 3月に入り、そろそろアオイスミレが咲き始めているだろうと思い、去年も早くから花が咲いていたポイントを探すと、思ったとおりに花をつけている株がありました。
アオイスミレタチツボスミレ

タチツボスミレも日当たりの良い場所では、花が咲き始めていますが、花のピークはまだ少し先になります。

       フキスギナ

フキノトウやツクシも顔を出していました。イヌコリヤナギの花も咲き始めています。
           イヌコリヤナギ

           アオイスミレ
帰り際に別の場所でもアオイスミレが咲いているのを見つけました。最初に見つけた株よりも花がやや濃い色をしています。

本日の野鳥
カワウ、カルガモ、コガモ、キジバト、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ガビチョウ。21種

プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。