スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昆虫いろいろ2

 気温が高くなってきて、いろいろな昆虫が目に付くようになって来ました。この日最初の被写体は、ムラサキツメクサにとまっていたマエジロオオヨコバイです。オオヨコバイといっても、頭の先端から翅の先までの長さは約6.0mm。写真の個体は、体全体が屋根瓦のような黒っぽい灰色をしているので、オスです。
マエジロオオヨコバイ

 アオオサムシも道端の地面をガサゴソと這い回っていました。金属光沢のある緑色をしたきれいな虫です。
アオオサムシ

 そろそろカスミカメムシも林の縁で樹上から下に落ちてきているものが見つかる時期だなーと思いながら歩いていると、腕に何か付いています。黄色と黒のコントラストがきれいなケブカキベリナガカスミカメです。道端のヒメジオンの葉に止まらせて撮影です。レンズの最短距離で撮影して後から体長を測定してみると、約6.8mm。
ケブカキベリナガカスミカメ

 カマツカの花が満開だったので撮影していると、トゲヒゲトラカミキリが1匹止まっていました。この手の模様をしたカミキリムシは何種類もいますが、トゲヒゲトラカミキリは比較的見かけることが多いようです。
トゲヒゲトラカミキリ

 ムネアカアワフキも数多く見かけるようになりました。写真の個体は前胸背も赤いのでメス。体長は約3.8mm。幼虫はサクラをホストとするそうです。成虫はいろいろな植物に止まっているのを見かけますが、写真はサクラの木の下に生えているコナラの苗に止まっていたもの。このコナラの苗には、去年もムネアカアワフキが何匹も止まっていました。
ムネアカアワフキ

 ハルジオンの花で花粉を食べている小さな黒い甲虫がいました。webで調べてみると、クロハナケシキスイという種類のようです。体長は3.9mm。この昆虫は今回初めて撮影しました。
クロハナケシキスイ

 色々な種類の昆虫が出てきているので、小さなヒメヨコバイはこのところ撮影していませんでしたが、目の前の葉にじっと止まっていたので撮影。前にも撮影したことのあるヨモギヒメヨコバイです。
ヨモギヒメヨコバイ

 葉の上には、フタホシアトキリゴミムシという小さなゴミムシがいます。
フタホシアトキリゴミムシ

スポンサーサイト

もう少し

ウマノアシガタ、アマドコロ、ハンショウヅルなどの花が咲き始めましたが、きれいに開くまで後もう少し。
ウマノアシガタアマドコロ

ハンショウヅルは公園の中のあちらこちらで葉は見るものの、なかなか花を付けた株はありません。写真は今年初めて見つけた大きな株でつぼみがたくさんついていました。
ハンショウヅル


キンランキンラン

 この時期、毎年楽しみにしているキンランも咲き始めています。去年と比べると、数が少なくなっているようなのが気がかりです。
 ヤブタビラコもいつもの場所でひっそりと咲いていました。
               ヤブタビラコ

昆虫いろいろ

時々見かける黄緑色を帯びたハチ。セマダラハバチという種類のようです。
セマダラハバチ

ミドリシジミの幼虫はだいぶ大きくなっています。今年は去年よりも数は少ないようです。
ミドリシジミ

去年初めてトンボ池の水際で見つけましたが、この日も同じ場所に10匹くらい集まっていました。
メミズムシ

シダの葉にゴマ粒くらいの小さな黒いものが付いていました。つやつやしているので、最初はハムシかなと思いましたが、良く良く見ると、カメムシの形をしています。日本原色カメムシ図鑑を調べてみると、ズアカシダカスミカメというシダに普通に見られるカスミカメムシということが判明しました。
ズアカシダカスミカメ

ホタルカミキリは、今回初めて見ました。webで調べると、ネムノキの材に集まってくるとのことで、里山ゾーンに放置されていたネムノキの丸太に何匹か集まっていました。
ホタルカミキリホタルカミキリ

初トンボ

ミツバウツギの花が咲き始めました。長池公園の中では、あちらこちらで見られる花です。名前の通り、葉は3枚複葉です。
ミツバウツギ


長池の畔でコサナエが羽化していないかなーと水際をさがしていると、小さなカミキリムシが水面に落ちてもがいていました。三脚ですくい上げて、葉の上でモデルになってもらいました。個人的には始めて見る種類ですが、図鑑を調べると、花などに良くやってくるシラケトラカミキリという普通種のようです。
シラケトラカミキリ

ガマズミの花はまだ咲いていませんが、葉の上になにやら怪しげなゴミが。近付いてよーく目を凝らして見ると、トゲトゲだらけのカタビロトゲハムシでした。前から一度見たいと思っていた昆虫です。
カタビロトゲハムシカタビロトゲハムシ

ジュウニヒトエが大きな株になって咲いていたので、広角レンズで撮影してみました。今年は、長池の手前にこのような大きな株がいくつも見られます。
ジュウニヒトエ

先週はまだつぼみだったツクバネウツギがほぼ満開です。花の付け根のガクが羽根つきの羽根のように見えるのでこの名が付いているのでしょう。
ツクバネウツギツクバネウツギ

トンボ池では、クロスジギンヤンマが岸近くで羽化しているのを教えてもらい、今年初のトンボ撮影となりました。
クロスジギンヤンマクロスジギンヤンマ

11時半頃に長池の前に行ってみると、今年初めてのコサナエがプーンと飛んできました。
コサナエコサナエ

帰り際には、クロアゲハも姿を見せてくれました。赤いヤマツツジの花はクロアゲハの好みのようです。
クロアゲハ

イカリソウ

 昨年の4月2日に自宅の近くでイカリソウを偶然見つけました。その時は、葉だけで花はありませんでした。
イカリソウ

 ふと思い出して、今年はどうだろうと4月8日に見に行くと、小さなつぼみがついていました。
イカリソウ(蕾)


 翌週の4月14日に行ってみると、つぼみがほころんでいましたが、あともう少しの状態でした。
イカリソウ


 そして、4月21日。ようやく花の開いている様子を見ることができました。
イカリソウ

春の花いろいろ

少し早く出かけて、自然館の駐車場が開いていなかったので尾根幹線側の駐車場に車をとめると、植栽のキリの木に花が咲いていました。去年咲いた実の殻はたくさん残っていましたが、花は2房か3房ほどしかついていません。当たり年と裏年があるのでしょうか。
キリ


長池と築池の通路脇の斜面にヤマブキが咲いていました。自然館の周りには植栽されたものがありますが、これも植栽?それとも自生?
ヤマブキ


セイヨウヤブイチゴの葉にクロボシツツハムシとシロオビナカボソタマムシが止まっていました。シロオビナカボソタマムシはクマイチゴで良く見かけますがキイチゴ系ならOKなのでしょう。
クロボシツツハムシシロオビナカボソタマムシ


ムラサキケマンの花が咲き始めています。
ムラサキケマン


まだ、ほとんどがつぼみですが、イチリンソウも咲き始めています。ことしは、10株以上つぼみをつけています。
イチリンソウウイチリンソウ


濃い紫色のスミレの花も咲き始めています。下ばかり見ていると、木の上のほうに咲く花を見落としてしまいます。ふと上を見上げると、バッコヤナギの雌花も咲いていました。
スミレバッコヤナギ


スミレと対照的なアリアケスミレの白い花も咲いています。こちらのほうは、少し前から咲き始めていたようです。
アリアケスミレアリアケスミレ


ヒメハギの花は咲きはじめです。
ヒメハギ

すみれいろいろ

すみれの花が何種類か見られるので、同じ倍率で正面と側面から撮影してみました。

アメリカスミレサイシン
アメリカスミレサイシンアメリカスミレサイシン


アカネスミレ
アカネスミレアカネスミレ


タチツボスミレ
タチツボスミレタチツボスミレ


ニョイスミレ(ツボスミレ)
ニョイスミレ(ツボスミレ)ニョイスミレ(ツボスミレ)


キランソウも地面にへばりつくように花をたくさん咲かせています。
キランソウキランソウ


フデリンドウの花が咲き始めていました。草丈の小さい花なので、花が開くまで生えていることに気付きません。
フデリンドウフデリンドウ



ミヤマセセリを、この春初めて見ました。前翅に白い帯が入っているのでメスです。
ミヤマセセリ
コツバメも姿を確認したのですが、こちらは残念ながら撮影できませんでした。
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。