スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コオニヤンマ

          コオニヤンマ

 長池公園の築池、姿池の水は、その下のせせらぎ緑道の流れに流れていきます。この流れは、もともとは自然の小川だったようですが、この付近の団地の開発のときに住宅都市整備公団が川底をコンクリートで固めてしまい人工的な川になっています。しかし、落ち葉や泥が上流から流れてきて川底に堆積して、ヤマサナエやオナガサナエなどのサナエトンボのヤゴも結構生息しています。
 今日は、オナガサナエの新しい抜け殻はもう終わりかなと思いながらせせらぎ沿いを歩いていると、植栽されたヤマブキの葉の上にゴミ??良く見るとコオニヤンマの巨大な抜け殻です。頭の先から尻尾の先までの長さが38mmもあります。長池公園で見られるほかのサナエトンボ科のヤゴと比べると団扇のように平べったい異様な形をしています。主が抜け出してからかなりの日数が経過していると思いますが、葉の上にしっかりとつかまっていました。
 ちなみに、このヤゴから抜け出したトンボは、下の写真のような形です。
 コオニヤンマ オスコオニヤンマ メス
左側がオス、右側がメスです。(いずれも2007年6月23日撮影)
スポンサーサイト

マスダクロホシタマムシ

     マスダクロホシタマムシ

 せせらぎ緑道で、オナガサナエのヤゴの抜け殻を探していると、石の上を小さなタマムシがチョロチョロと歩いているのを見つけました。大きさは、約9mmで小さいですが、見る角度によって、青緑色に見えたり、赤味を帯びて見えたりしてきれいです。webのどこかのページで見たことがあり、一度実物を見たいと思っていたタマムシです。
 石の上をチョロチョロと歩き回って、翅を広げて飛び立つ気配を見せますが、結局飛び立たず、かなりの数を撮影しました。
マスダクロホシタマムシマスダクロホシタマムシ

 帰ってから名前を調べると、マスダクロホシタマムシという種類のようです。
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。