スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園デビュー(カルガモ)

 前日の夕方、姿池で10羽くらいの雛を連れたカルガモを見かけたので、朝早く長池公園へ出かけてみました。

 せせらぎ緑道を歩いていると、雛だけが9羽流れの中でかたまっていました。親鳥はどうしたんだろう?子供をほったらかしにしてしょうがない親だなどと思いながら見ていると、雛の一羽がピヨピヨと大きな声で鳴き始めました。
 どうやら、「ママーこわいよ~」コールのようです。この声を聞きつけて母親(多分父ではない)が文字通り飛んで帰ってきました。

カルガモ雛の「ママ~、こわいよ~!」コール

カルガモカルガモ
スポンサーサイト

みみずの鳴き声(ケラ)

 1週間ほど前から、夜のジョギングの時に長池公園の姿池の斜面でクビキリギスの鳴き声とは少し違うかすかな声がしているのが気になっていました。
 この日はICレコーダーを持って出動しました。せせらぎ緑道から姿池に出てみると、一番下側の池に子連れのカルガモがいました。雛の数は10羽くらい。デジカメは持っていなかったので、翌日のお楽しみに取っておいて謎の声の録音です。
 日が沈んであたりが暗くなってきた午後7時15分、姿池の斜面の水がしみ出してジクジクしている地面から「びぃーーーーーー」という少しこもった声が聞こえてきました。レコーダーを地面に近づけて録音したのでかなり大きな音で録音されていますが、音源から2,3メートルほど離れてしまうと風の音や、姿池に落ちる水の音にかき消されてしまうくらいの音です。地面から聞こえてくる音は、生で聞くと、昔の人が「みみずの鳴き声」と言ったのがなるほどと納得できる音でした。

ケラの鳴き声

じじろじじろ(メボソムシクイ)

 渡り途中の夏鳥の声もひと段落した感じで、しばらく朝の野鳥の声の録音もしていませんでしたが、シジュウカラやエナガの雛が巣立ちをしたようで、久しぶりににぎやかな朝でした。
子連れのシジュウカラ、エナガの声

 蓮生寺公園に入ると、ジジロジジロという声がかすかに聞こえてきました。前回の更新のときに録音できるといいなと思っていたメボソムシクイの声のようです。声の聞こえてくるほうに向かって歩いていくと木の上のほうにそれらしき姿がシルエットで見えました。レコーダーの録音スイッチをオンにして、意外とあっさりメボソムシクイの声をゲットです。
メボソムシクイのさえずり

 ブログに掲載するにあたって、図鑑を読んでみると、メボソムシクイは日本の亜高山帯で繁殖するメボソムシクイという亜種とユーラシア大陸北部で繁殖するコメボソムシクイという2つの亜種が国内で見ることができるということになっています。今回録音したメボソムシクイの声は、亜種コメボソムシクイの声のようです。しかし、webを検索してみると、今までコメボソムシクイとされていた亜種は実はメボソムシクイの別の亜種オオムシクイらしいという記載も見つかりました。いずれにしても、メボソムシクイの声は野鳥の声コレクションに加えることができて、めでたしです。

 さらにこの日は、もういなくなってしまったと思っていたキビタキの声も聞こえてきました。
キビタキのさえずり

 次の野鳥の声コレクションのターゲットはホトトギスです。

ちよちよ びぃ~ (センダイムシクイ)

 春の渡り鳥のシーズンが続いています。今朝の蓮生寺公園には、センダイムシクイが何羽か入っていました。「チヨチヨ ビー」というようなさえずりをしますが、この声を「焼酎一杯グィー」と聞きなしをします。

センダイムシクイのさえずり
センダイムシクイのさえずりの合間には、遠くでエゾムシクイの声も聞こえています。

図鑑で見ると、ムシクイの仲間はどれも似たような外見をしていて、慣れないと外見からの識別は難しいですが、さえずりは誰が聞いても間違い様がないほど特徴的な声をしています。
エゾムシクイ、センダイムシクイの声は一応コレクションできたので、次はメボソムシクイがやって来ないかな、などと思っています。

長池公園のオオルリ

 今年は、長池公園でオオルリの声を聞く機会が多いようです。いつもの年ならシーズンに1回早朝にさえずりをちらりと聞く程度なのですが、今年は、4月末から連休期間中、行く度に声を聞くことができました。
 連休最終日のこの日も声が聞こえてきました。コサナエ、ヤマサナエ、シオヤトンボなどを撮影してから、公園の中を歩いていると、園路沿いの木からオオルリのさえずりが聞こえてきました。わりとのんびりとさえずっていて、姿も見つかりそうだったので、急遽鳥用のレンズを駐車場まで取りに戻りました。
オオルリオオルリ


オオルリアオバセセリ


逆光ながら、長池公園のオオルリを撮影することができました。
帰り際に、ミツバウツギにやってきたアオバセセリも鳥用のレンズで撮影できるというおまけつきでした。

蓮生寺公園でもエゾムシクイ

 今年は、ICレコーダーで鳥の声の録音を始めたので、自宅前の蓮生寺公園へ、かなり頻繁に通っています。通う回数が多いのか、今年が当たり年なのかは不明ですが、渡り途中の夏鳥の声を聞く機会がとても多いように感じます。
 4月29日に、長池公園でエゾムシクイの声を録音しましたが、この日は蓮生寺公園でもエゾムシクイの声を録音することが出来ました。バックにはシュレーゲルアオガエルの合唱も入っています。

蓮生寺公園のエゾムシクイの声

キビタキのピヨピヨピヨ・クリリリリ

キビタキ 2008/5/2

 この日は、蓮生寺公園と長池公園でキビタキを見かけました。キビタキのさえずりは、高音できれいな鳴き声ですが、地鳴きもかわいらしい声をしています。
ひよこのような、ピヨピヨピヨという声やそれに続いてクリリリリという声をだすことがあります。

キビタキのピヨピヨ・クリリリリ(435KB)
キビタキのさえずり(494KB)

キンラン、ギンラン、ササバギンラン

この季節になると、雑木林の中で3種類のランの花が見られるようになります。

キンラン
キンランキンラン


ギンラン
ギンランギンラン


ササバギンラン
ササバギンランササバギンラン

イカル

イカル

 イカルは、2005年の1月に群れで長池公園に現れましたが、その後は姿を見せていませんでした。オオルリの撮影をしようと公園の中を歩いていると、特徴のあるイカルのさえずりが聞こえてきました。一瞬、ガビチョウの鳴きまねを疑いましたが、キョッ、キョッというアオゲラの声に似た声もしたのでイカルに間違いないと思い、しばらくじっとしていると姿も見ることができました。どうやら2羽いたようです。
 イカルのさえずりも野鳥の声コレクションに追加することが出来ました。

◇イカルのさえずり(437Kb)
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。