スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶり コフキトンボ

 カメラを持って長池公園に早朝散歩。姿池では、先週あたりからコノシメトンボの羽化が始まっています。池の垂直な壁面にヤゴの抜け殻がだいぶ多くなってきました。日差しがいまひとつ弱いので、オナガサナエは出てきていないだろうなと思いながら歩いていると、シオカラトンボにしては小ぶりなシオカラトンボ色のトンボが池の縁の草から飛び立ちました。「もしかして、久しぶりのコフキトンボ!」2001年に撮影して、翌年姿を見かけて以来ずーっと確認できませんでしたが、6年ぶりに姿を見せてくれました。
コフキトンボ
まずは少し遠くから証拠写真。
コフキトンボ
少し近寄って1枚。
コフキトンボ
もう少し近寄ってまた1枚。
コフキトンボ
もっと近寄りまたまた1枚。だんだん大きく写ります。
ここまで近寄ると余裕が出てきて
コフキトンボコフキトンボ
正面顔や、反対側からも撮影したりしてしまいます。
コフキトンボ
上から見下ろす感じで、ストロボも焚いて撮影してみました。

<ちょっとだけPR>


長池公園トンボ図鑑 改訂版hyousi_4.jpg
長池公園自然館で発売開始です。
スポンサーサイト

シャカシャカシャカ・・・・・・(ヒナバッタ)

ヒナバッタ(オス)ヒナバッタ(メス)

今の時期、長池公園の草原から、シャカシャカシャカ・・・・・・・・・・という虫の声が聞こえてきます。声の主はヒナバッタという体長が2cmくらいの褐色の小さなバッタです。声といっても、後足と翅をこすりあわせて出す音です。鳴くのはオスだけ。左がオスで、右がメスです。上の写真ではわかりにくいですが、オスは尾端が朱色をしています。公園内のあちらこちらで見かけることが出来ますが、西エントランスへ向かう園路の芝生広場の手前付近が一番生息密度が高いように思います。
ヒナバッタの鳴き声

ツシマトリノフンダマシ

ツシマトリノフンダマシ

 出勤前のデジカメ散歩、やや出遅れたので、自宅前の蓮生寺公園へ久しぶりに行ってみました。通路脇に生えていたワラビに橙色の地色に黒い斑点模様が止まっていました。テントウムシ?と思って顔を近づけてみると、図鑑で見たおぼえのあるクモでした。もっと小さいものだと思い込んでいたのですが、意外に大きく、体長は約6.8mmありました。ツシマトリノフンダマシという名前のクモです。
 模様はテントウムシを思わせますが、形はクモというよりもカニを思い浮かべるような形をしています。図鑑には、珍しい種類と書いてありましたが、注意して探せば案外多く見つかるのかもしれません。
ツシマトリノフンダマシ
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。