スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルリボシヤンマの産卵

 8月11日に第一デッキでルリボシヤンマを撮影することができたのでその後何回か見に足を運びましたが、姿を見かけることはありませんでした。この日はルリボシヤンマを期待するわけでもなく、何かいないかなと第一デッキに下りようとすると、大型のトンボが水たまりから飛び立ち水面上を低空でゆっくりと飛んでいます。オオシオカラトンボよりも一回り大きめなトンボは、ルリボシヤンマのメスでした。ゆっくりとホバリングをしながら産卵の場所を探しながら水面近くを飛んでいるようです。驚かさないようにじっと動かずに立ち止まっていると、予想通り水面に落ちている草に降りて産卵を始めました。まずは遠くから証拠写真。
ルリボシヤンマ
 長池公園でルリボシヤンマのオスの姿は今までに何回か目撃されたり、撮影されたりしていますが、産卵は確認されていなかったので、貴重な記録です。

 証拠写真を押さえたところで、ゆっくりと近寄ります。8月11日にヤブヤンマの産卵を撮影したときには、そーっと近寄ると手づかみできるくらい近くまで寄れたので、今回もゆっくりと接近を試みました。しかし、今回のルリボシヤンマは、こちらの動きには敏感で立ったままで少し近づくと水面からフワーっと飛び立ってしまいました。一瞬撮影チャンスを逃がしてしまったと思いましたが、飛び去ることはせずに、再度水たまりの付近を低速で飛び回っています。じっと待っていると予想通り再度降りてきて産卵を始めました。
ルリボシヤンマルリボシヤンマ
ルリボシヤンマルリボシヤンマ
一度産卵を始めると、こちらが横方向の動きをしなければストロボの光をあてても平気で産卵を続けてくれるので、かなりの枚数を撮影することができました。
スポンサーサイト

オオムラサキ

長池公園の中に樹液の出ているクヌギやコナラの木が何本かあります。通るたびに何かいないかなと一応チェックするのですが、普段はカナブンとスズメバチたまにカブトムシが見られるくらいですが、この日は遠くからでもわかるくらいの大きめのチョウらしきものが止まっていました。何だろうと思いながら近づいてみると翅に斑点模様があります。もしかするとオオムラサキ?
オオムラサキ
とりあえず逃げられないうちに遠くから証拠写真を1枚撮影。さらに近寄ってみると、翅はだいぶ痛んでいますが間違いなくオオムラサキであることがわかりました。樹液を吸うのに専念していて、かなり近寄っても飛び立ちません。反対側にまわりこむと、翅を少し広げて威嚇のポーズ。翅の内側の紫色が少しだけ見えます。
オオムラサキオオムラサキ
長池公園生き物図鑑には2006年に幼虫、2007年には成虫の画像が投稿されていおり、幼虫は昨年の冬に実物を見ていましたが、今回初めて成虫の姿を自分で確認することができました。

ヤンマの日

 2日続いての大きな地震の揺れで朝早くから目が覚めましたが、せっかくの夏休みにもかかわらず、台風9号が関東に接近しているということで、午前中は外出を見合わせていました。しかし、結局は長池公園界隈は雨は全く降らず、昼食を食べてからの出動となりました。
 ここのところ、超マイナーな昆虫にはまっていてトンボはあまり熱心に観察していませんでしたが、Gさんの話では、リスアカネやマルタンヤンマ、ヤブヤンマなどが姿をみせているとのこと。

 トンボ池をのぞいてみると、シオカラトンボにショウジョウトンボがちらほらと姿を見せている程度。あまり撮影意欲を掻き立てるものはいないなーなどと思っていると、池の隅で大きめのトンボがホバリングをしているのが目に入ってきました。黒地に黄色のまだら模様・・・。あっヤブヤンマのメス。どうやら産卵していたところを驚かせてしまったようです。しかし、じっと様子を見ているとまた池の縁に下りてきそうな様子です。産卵しているときには、かなり近くまで近寄ることができます。
ヤブヤンマヤブヤンマ
ヤブヤンマは卵を水の中ではなく、写真のように水辺の土の中に生み付けます。ストロボをたいて何枚も撮影しましたが、ストロボの光に驚いて飛び立つことはありませんでした。時刻は午後1時34分から10分間ほどの間でした。
以前、長池公園で夕方上空を飛びまわっているヤブヤンマを撮影したことはありましたが、ここでの産卵シーンを撮影したのは初めてです。

ヤブヤンマの撮影ができただけでも本日の大収穫なのですが、なんとこの日はルリボシヤンマも撮影することができました。ルリボシヤンマは第一デッキの水田の上空を行ったり来たりしていました。時刻は午後2時45分頃から20分間ほど。
ルリボシヤンマルリボシヤンマ
かなり長い時間、田んぼの上を行ったり来たりしていたのですが、ホバリングはほとんどしてくれなかったので、シャッターチャンスはあまりありませんでした。長池公園での記録は何回かありますが、私は今回が初めての確認です。

キツリフネオグルマ
野草の写真も少しだけ。キツリフネとオグルマは長池公園自生ではありませんが、保護のために移植されたものです。

トウゴクヘラオモダカミズオトギリ
トウゴクヘラオモダカとミズオトギリは長池公園自生のものを観察デッキに移植したものです。
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。