スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒサゴホソカタムシ

ヒサゴホソカタムシヒサゴホソカタムシ
 ムクノキの幹の根元付近の樹皮が剥がれかかっているところを剥がしてみると、見慣れない小さな茶色っぽい甲虫が付いていました。マクロレンズで拡大して見ると、撮影意欲をそそる面白い形をしています。
 家に帰ってから保育社の原色日本甲虫図鑑Ⅲで調べてみると、特徴のある外観をしているので、すぐにヒサゴホソカタムシと判明しました。図鑑の解説文には、「ヒサゴホソカタムシ Glyphocryptus brevicollis SHARP
2.4-3.0mm. 前胸背板側縁は基部で強く狭くなる。上翅は基半において会合部が屋根状に隆まり、その少し後方に小さな白色毛班がある。本州、四国、九州、三宅島、対馬。」と書かれています。
 写真から大きさを測ってみると、この個体の体長は約2.6mmありました。
スポンサーサイト
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。