スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツミの巣立ち

ツミツミ
 勤務先のすぐ隣の公園で先々週ころからツミの声が良く聞かれるようになり、会社の行き帰りに巣立ちした若鳥の姿も見られるようになりました。
 この日は、ハスの花の写真を撮影する為に朝早く出かけてきたので、その帰りに公園に立ち寄り撮影することにしました。まだ公園にいるかどうか心配でしたが、すぐにキイキイという甲高い声が聞こえてきました。
ツミツミ
 木の葉の影になってなかなかすっきりと姿を見通せる位置に止まってくれませんが、一応そこそこのものが撮影できました。
ツミツミ
 巣立ちした雛の数は正確にはわかりませんが、三羽は同時に姿を確認できたので、それ以上ということになります。
ツミツミ
 左側の写真は、アブラゼミを捕まえたところです。左脚でしっかりと掴んでいます。飛んできたクロアゲハを追いかける個体もいましたが、蝶は捕まえられませんでした。右側の個体は、カラスを追いかけて公園の外の電線に止まったところです。カラスよりもツミの方が体は小さいのですが、1対1ならばもうカラスを追い払うくらいのことはできるようです。
ツミツミ


スポンサーサイト

オオコンボウヤセバチ

オオコンボウヤセバチ
このブログにオオコンボウヤセバチが登場するのは、今回が2回目です。前回の登場は2010年9月26日でした。

オオコンボウヤセバチオオコンボウヤセバチ
いつ見ても、ついつい撮影したくなってしまう優美な形状をしています。今回は長池公園ではなく、裏高尾の小下沢林道で出あいました。ヒメジオンの花で蜜を吸っているのか花粉を食べているのかよくわかりませんが、かなり長い時間1か所に居てくれたので、何とかフォーカスの合った写真を撮ることが出来ました。

オオセスジイトトンボ

オオセスジイトトンボ(オス)オオセスジイトトンボ(メス)
オオセスジイトトンボも一度見たいと思っていたトンボです。
7月6日にハッチョウトンボを見に行った先で偶然十年ぶりくらいに顔を合わせた野鳥の会の知人のF氏からポイントを教えていただき、3連休の初日に撮影に出かけました。
いかにも梅雨真っ最中という感じの曇り空で、前日降った雨が草に残っていて、あまり草むらの中に踏み込んで行きたくないコンディションでしたが、ズボンを濡らしながら、なんとかオス1、メス2個体を観察することが出来ました。

マイコアカネチョウトンボ(メス)

ベニイトトンボ

オオセスジイトトンボのほかに、マイコアカネ、チョウトンボ、ベニイトトンボなども見ることが出来ました。

グンバイトンボ

グンバイトンボ(オス)
以前から一度実物を見たいと思っていたグンバイトンボをようやく見ることが出来ました。
7月6日に行った時にはメスの個体を1頭見られただけだったので、3連休の初日の今日、オスを探しに再挑戦です。
7月12日には川岸から少し離れた草むらでオス、メス数頭を目撃したという情報をもらっていたのですが、その場所では見つけることが出来ず、雲行きも怪しくなってきてあきらめかけたとき、ようやくオスが1頭だけですが姿を見せてくれました。

グンバイトンボ(オス)グンバイトンボ(メス)
左は7/19に撮影したオス、右は7/6に撮影したメスの個体です。名前の由来になっている中脚と後脚に付いている白いひだは、オスにしかないので、メスの個体を見ただけではグンバイトンボを見た気分にはなれませんでしたが、ようやくグンバイトンボを見た実感が得られました。

コヤマトンボ

この日は、八王子では見られないハッチョウトンボ、グンバイトンボを見にちょっと遠出をしてみました。
その出先で、思いがけずコヤマトンボが下草に止まっているところを撮影することが出来ました。
コヤマトンボ

飛んでいる姿は時々見かけますが、このように手の届く位置にじっと止まっているところを見たのは生まれて初めてです。最初は羽化直後の個体が止まっているのかと思いましたが、複眼の色がきれいな緑色をしていることから、成熟個体です。
コヤマトンボコヤマトンボ
プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。