スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

87.アカホソアリモドキ

アカホソアリモドキアカホソアリモドキ
 ノビルの葉に止まっているところを偶然見つけました。胸の部分がキュッとくびれていて、独特の形をしています。昨年、切り出した雑木の集積所で初めて見たアカモンホソアリモドキという種類のアリモドキと感じが似ているので、保育社の原色日本甲虫図鑑(Ⅲ)を調べてみると、形がそっくりなアカホソアリモドキという種類が掲載されています。今回撮影した個体は胸と頭はほとんど黒に近い暗褐色ですが、図鑑の標本写真では、体全体が黄褐色をしています。しかし、図鑑の解説では、「上翅には淡色の4斑紋を持つが、オスでは不明瞭な場合が多い。オス上翅には細長い陥凹部があり、その中央に黄褐色の毛塊をもつ。」という記載になっていて、写真でも翅の窪みが認められるので、アカホソアリモドキで間違いないと思います。写真の個体の体長は約2.9mm。

アカモンホソアリモドキ
 こちらの写真は、昨年撮影したアカモンホソアリモドキで、上のアカホソアリモドキと同じ倍率で撮影してあります。体長は約4.0mmです。
 5月14日にはアカホソアリモドキのメスをあちらこちらで見かけました。外見はほとんど同じですが、翅に窪みがありません。
アカホソアリモドキ(メス)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。