FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮生寺公園のヒメヨコバイ

 この季節は、気温が低く昆虫の動きが非常に鈍くなるので、常緑の葉の裏側に止まっているヒメヨコバイを撮影するのに適しています。

 鮮やかなオレンジ色をしたベニヒメヨコバイ。
ベニヒメヨコバイ

 外形がオビヒメヨコバイによく似たオビヒメヨコバイの近縁種。埼玉大学の林正美教授にお聞きしたところ、関西方面では多く見られる新種のヒメヨコバイだろうとのこと。
k121215_021.jpg

 青みが強い緑色をしているEmpoasca vitisというヒメヨコバイ。
Empoasca_vitis

 白地に赤の斑紋があるヤマシロヒメヨコバイ。
yamasirohimeyokobai_k121215_007.jpg

 ここから下の黄色や黄緑色のヒメヨコバイは、おそらく全て別の種だと思うのですが、名前は不明です。
k121215_015.jpg
k121215_036.jpg
k121215_047.jpg
k121215_023.jpg
k121215_042.jpg

 シロヒメヨコバイ
シロヒメヨコバイ"

 帯が完全に消失しているタイプのオビヒメヨコバイ
オビヒメヨコバイ

 アカシヒメヨコバイ 
akasihimeyokobai_k121215_066.jpg

 カシヒメヨコバイ
kasihimeyokobai_k121215_062.jpg

 シロズヒメヨコバイは、木苺類の葉でよく見られます。
sirozuhimeyokobai_k121215_074.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。