FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナムグラにつく虫 2

アサトビハムシヨツスジヒメシンクイ
 前日は長池公園のカナムグラでアサトビハムシとムネミゾサルゾウムシを見つけましたが、今日は大栗川を挟んだ反対側にある寺沢里山公園に出かけてみました。ここにもカナムグラが生えていたので、葉を見るとやはりアサトビハムシがたくさんついていました。ちょうどカナムグラの葉が伸び始める今頃が活動時期なのでしょう。右側のヨツスジヒメシンクイもカナムグラをホストにする昆虫の1種です。

 アサトビハムシがいたので、こちらにもムネミゾサルゾウムシがいないかとさがしてみたところ、黒っぽいサルゾウムシがポトリとカナムグラの葉の上に落ちました。
カナムグラサルゾウムシカナムグラサルゾウムシ
 地面に落ちてしまうとほとんどの場合見つけられなくなってしまいますが、運よく葉が受け皿のようにくぼんでいるところに落ちたので、撮影することができました。前日のムネミゾサルゾウムシよりもずっと黒っぽく、小楯板の周りの白い斑紋がくっきりと目立ち、図鑑の図版にあるカナムグラサルゾウムシとぴたりと一致します。大きさは約3.0mm。ちなみにカナムグラには、カナムグラサルゾウムシより小型で全身が黒色をしたカナムグラトゲサルゾウムシという種もつくそうです。

 カナムグラにつく虫ではありませんが、サルゾウムシつながりでダイコンサルゾウムシも載せておきます。
ダイコンサルゾウムシ
 寺沢里山公園に向かう途中の大栗川沿いの歩道脇でみつけました。大根やアブラナなどにつくサルゾウムシだそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。