スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミドリグンバイウンカとテングスケバ

ミドリグンバイウンカ
ミドリグンバイウンカ

テングスケバ
テングスケバ

 最近、ヨコバイとかウンカの仲間に少しはまりかけています。ほとんどの種類は大きさが1cmにも満たない小さな昆虫ですが、マクロレンズで拡大して見ると、なかなかきれいな色や模様がついていたりしてうれしくなってしまいます。
 今日はミドリグンバイウンカとテングスケバという初物を撮影することができました。
 ミドリグンバイウンカのほうは、桑の葉に止まっていたサトクダマキモドキの顔を撮影しようとして足元の草をかき分けて近づいたときのことでした。薄緑色の虫が飛び出して草の葉の上に止まりました。オオヨコバイかなと思って顔を近づけてみると、ヨコバイよりも横幅がだいぶあります。これは今までに見たことのない種類だということで、サトクダマキモドキの撮影は中断してこちらの見なれない虫の撮影に取り掛かりました。黄緑色の体に水色の線が入ってとてもきれいな色をしています。
 テングスケバのほうは、被写体を探して歩いていると、前方に顔なじみのSさんがいたので声をかけて話しを始めたときに足元のセイタカアワダチソウの葉の上にチョコンと止まっているのがなぜかしら目に入ってきました。こちらのほうはユニークな形をしているので、形は図鑑で見覚えがありました。マクロレンズを通してみるとミドリグンバイウンカと同じような水色のきれいな縞模様が入っていました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tosaka

  • Author:tosaka
  • ひまがあれば、長池公園でふらふらと色々な生き物の写真を撮影しています。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。